諏訪紀行8・二胡奏者登場・・・Vol.1078

いよいよ夜となり、これからが本番。目的の酒席となった。信州に所縁がある昔の仲間と数年前から1泊旅行をしている。集まって元気かどうかを確認し一杯飲るのが目的だ。酒や食事の前に演奏会があった。イヤとはいえない。今回の幹事は諏訪の近く塩尻市に住むIHだからだ。IHは3年前から二胡に挑戦している。それを披露するというのだ。この自慢げな顔。素人の私から聴いても「まだまだだ」というところだが、彼の凄いところは3...

諏訪紀行7・原田泰治美術館・・・Vol.1077

郷愁を誘う昭和の風景というか日本の原風景が心地よい。諏訪あたりの出身の原田泰治氏の美術館が諏訪湖畔に立っており、かれの描いた作品が飾られている。もっとも絵にも疎い私だから、谷内六郎との違いもあまりわからない。ほのぼのとして何か懐かしさを漂わせているところが、両者とも、いい。週刊新潮の表紙で”階段に女の子が2人ばかり腰かけて本を読んでいる絵”が昔あった。ダンダン時が立ち、足元から日影になっていく。陽の...

諏訪紀行6・諏訪湖遊覧・・・Vol.1076

日本にはあちらこちらに湖があり、それぞれ素敵な景観がある。しかし諏訪湖は何もない。ひとつまみの小島とも言えない島があるが見るには価値がない。見渡す限り湖水だけ。入り江も木々もない。だから遊覧といっても胸が躍るということはない。船内アナウンスで諏訪湖の事、周辺の知識など、をじっくり聞くと言うことになる。私の場合はご機嫌だ。デッキに置かれた灰皿前で、風に吹かれながら、一服、2服・・。外に出てくるものは...

諏訪紀行5・千人風呂・・・Vol.1075

私以外は皆車でやって来た。宿はこじんまりとした清楚な落ち着いた宿だった。駐車場は宿から50mくらい先にあり、そこは片倉館・千人風呂の駐車場でもあった。この建物は昭和初期に建てられたもの、製糸工場の後ではない。風呂屋として建てられたものと聞く。右の建物は会館、昭和3年に建てられた。風呂は入浴料が650円、深さ110m、大人の胸の高さくらいある。底には玉砂利が敷いてある。千人は無理だが、100人はOKだろう。...

諏訪紀行4・宿、約束の時間・・・Vol.1074

なつかしい笑顔があった。コーヒーを飲んだりブラッとしたりするうちに仲間との約束の時間が近づいてきた。今晩泊まる宿での集合時間は午後3時だった。三々五々好きな方法で集まることになっていた。向こうに諏訪湖畔に停泊中の遊覧船などが見えてきた。地図では、湖畔のまえを走る道路角だから、ここら辺かと思ってよく見ると、「正面玄関は湖畔側」という案内板があった。宿の角を左に折れたら、なつかしい友の顔がほほ笑んでい...